\「共同参画9月号」が発行されました/

内閣府の広報誌「共同参画9月号」が発行されました!
特集1は、『成年年齢引下げとAV出演強要問題・「JKビジネス」問題<キュアタイム等に相談を!>』についてです。
令和4年4月1日から、「民法の一部を改正する法律」が施行され、成年年齢が、20歳から18歳に引下げとなります。これにより、18歳になると、一人で有効な契約をすることができ、また、父母の親権に服さなくなることになります。
「成年年齢引下げ」と内閣府の取り組みについて、紹介しています。
トピックスでは、『「生理の貧困」に関する国や地方公共団体による取組』がテーマです。
経済的な理由で生理用品を購入できない女性がいるという「生理の貧困」問題が顕在化しており、女性の健康や尊厳に関わる重要な課題となっています。
武蔵村山市でも、市内の施設にて経済的に困窮する女性を対象とした支援として、東京都から提供のあった災害対策用に備蓄している買い替え前の生理用品及び市の備蓄食料について配布しています。(なくなり次第終了)
ふれあいセンターでも配布しておりますので、受付にてお問い合わせください。
詳しい情報は、ぜひ市のホームページをご覧ください。
武蔵村山市役所情報ページ(経済的に困窮する女性を対象とした支援)
内閣府男女共同参画局最新号ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です